通夜や葬式を行うための斎場ですが、大和市だけでもかなりの数になります。一般葬向け、家族葬向けなど斎場の広さもそれぞれ異なりますし、利用するための費用も違いますので、事前にしっかりと確認した上で自分たちの希望に合ったものを選択してください。結婚式と違い事前予約するのが難しいため、家族が亡くなってすぐに連絡できるように事前に情報をチェックしておく必要があります。最近は各葬儀会社で事前に斎場の見学をすることも可能になっていますので、仕事が休みの日に足を運んで実際に見学するのがオススメです。もちろん葬儀会社のホームページにも写真付きで掲載されていますが、自分の目で直接見ないとわからない事も多いですし、直接足を運ぶことでスタッフと葬儀の話もすることができますので、時間を作って色々と相談することをオススメします。

大和市にある公営の斎場利用が便利です

地方から東京を中心した都市圏に移ってくる人が多く、人口が増える街と過疎化の街が、はっきりして来ています。
この都市圏に住む人の多くは、お寺の檀家になることもなく、葬儀を行なう時には、近くの斎場を利用することが多くなっています。
その斎場でも人気になっているのが、大和斎場です。
公営の施設であることから、使用料金が安く設定されていることもあり、追加料金などの心配もなく、安心して式を進めることが出来るメリットがあります。
また地方になっていることから、車の利用が考えられます。
駐車場は広くなっており、170台分が用意されていますので、駐車の心配をする必要がありません。
そして、各宗教に応じていることから、宗派を心配することもありませんし、火葬場が併設されていることから、移動の必要がないことも、使いやすいと評判になっています。

大和で自分のスタイルにあった斎場を選ぶ

大和にも様々なタイプの葬式を執り行える斎場があります。最近では葬儀費用をカットしてシンプルな式をしたり、生前の故人の意向として、今までだったら100万円以上かかっていた費用を大幅にカットして、身内だけでひっそりと見送ってもらうようなスタイルの式のプランもあります。火葬だけを行う火葬式や、家族葬などでは、たくさんの弔問客への接待なども最低限に抑えられます。故人との別れに十分な時間を費やすことが出来ます。金銭を理由に葬式をあげないという方や、高齢者が高齢者を見送るという世の中になり、負担をできるだけ軽くすることも可能です。これまでは、生前に死後のことを話し合うのはタブーとされていたところもありますが、これからますます進む高齢化社会に備え、どんなスタイルの斎場が良いかを考えておくということもこれからの時代には必要なことかもしれません。